<progress id="3hl75"></progress>
<var id="3hl75"><video id="3hl75"></video></var><var id="3hl75"></var>
<var id="3hl75"><video id="3hl75"></video></var>
<var id="3hl75"><strike id="3hl75"></strike></var>
<cite id="3hl75"></cite>
<var id="3hl75"></var><cite id="3hl75"></cite>
<menuitem id="3hl75"><strike id="3hl75"><listing id="3hl75"></listing></strike></menuitem><cite id="3hl75"></cite>
<var id="3hl75"></var>
<cite id="3hl75"></cite>
<cite id="3hl75"></cite>

お知らせ 2019年10月30日



京都市からの受託事業に関するSNS発信について




 報道されております、當社が京都市からの受託事業として実施したSNS発信內容について、以下のとおり、経緯と當社の見解を報告いたします。


 當社は、京都國際映畫祭と関連して、2017年度(伝統産業の日2018のPR)、2018年度(京都市重要施策のPR)に京都市から委託を受けてPR業務を実施いたしました。
 今回報道されているのはこのうち2018年度において、當社が京都市重要施策のPRとして當社所屬タレント「ミキ」により発信したSNS內容についてです。
 當社はこのPR業務を実施する前提として、京都市盛り上げ隊を結成し、プレスリリースのうえ、2018年8月28日に京都市役所を表敬訪問し、多數のメディアのもと市長とも面會いたしました。

 當社はこのPR業務として、2018年10月6日、同月10日に、當社所屬タレント「ミキ」の2人のSNS(Twitter)において、京都市営地下鉄、ふるさと納稅、コラボポスター等のPRツイートをそれぞれ2回ずつ発信いたしました。この際、ハッシュタグとして、#京都市盛り上げ隊、#京都國際映畫祭2018、#コラボポスター、#京都市営地下鉄若しくは#京都市ふるさと納稅と明記しております。

 このSNS発信の內容がいわゆるステルスマーケティングにあたるのかという點についてですが、今回のツイートにおいては、#京都市盛り上げ隊、#京都市営地下鉄若しくは#京都市ふるさと納稅、#京都國際映畫祭2018といったタグ表示をしており、これらの京都市との連攜を示すタグ表示及びその活動の周知により、今回のツイートが京都市のためのプロモーション業務であるということは世間一般にご理解いただけるものと考えております。

 また、このSNSによるPR業務の対価についてですが、一般にインフルエンサーマーケティングの費用は、1フォロワーあたり1ツイート3~8円程度が相場であるところ、當時のミキのフォロワー數は昴生113,605 人、亜生が213,018 人であり、それぞれ2回ずつのツイートをいたしました。
 2人合計で30萬以上のフォロワーに対して2回ツイートしたと考えても、本件の100萬円という対価が全く高額なものではなかったことが理解いただけるものと考えております。

 本件の経緯と當社の見解は以上のとおりです。當社としては上記のとおり今回のSNS発信はステルスマーケティングには當たらないものと考えておりますが、世間の皆様に対しより誤解のない方法でのプロモーションの在り方については常に考慮して実施してまいります。






このページのTOPへ 英国videodesexo极品,国产福利视频一区二区精品,阿娇囗交全套高清视频,性欧美欧洲老妇老太
<progress id="3hl75"></progress>
<var id="3hl75"><video id="3hl75"></video></var><var id="3hl75"></var>
<var id="3hl75"><video id="3hl75"></video></var>
<var id="3hl75"><strike id="3hl75"></strike></var>
<cite id="3hl75"></cite>
<var id="3hl75"></var><cite id="3hl75"></cite>
<menuitem id="3hl75"><strike id="3hl75"><listing id="3hl75"></listing></strike></menuitem><cite id="3hl75"></cite>
<var id="3hl75"></var>
<cite id="3hl75"></cite>
<cite id="3hl75"></cite>